学習障害と遺伝

学習障害は生まれつき脳に障害を負ったことで症状があらわれるものです。その原因は現時点においてもはっきりと解明されていません。そのため遺伝との関係も指摘されています。学習障害は遺伝するものなのでしょうか。

血縁者に学習障害を抱えている人がいたり、不器用な人、学習能力の遅れが見られる人がいる場合に発症の可能性が高いといわれています。親に学習障害が見られる場合、両親が学習障害の場合は子供の発症率が50パーセント程度、片親が学習障害の場合は25パーセント程度と言われています。ただ、必ずしも遺伝が原因とは限らず、周産期障害なども原因として指摘されています。そのほかにも周囲の環境が原因で発症するケースもあると言われています。

このように、遺伝が深く関わっている可能性が高いもの、学習障害を抱えた人の子供にも必ず学習障害が生じるわけでは必ずしもありません。この点はまだ研究が行われている段階ですが、思い込みや偏見を持たないように注意したいところです。

コメントを残す